部分入れ歯

部分入れ歯は様々なお悩みを解決します

  • 「口を大きく開けて笑えない」
  • 「実年齢より老けて見える」
  • 「上手く噛めずに食事を楽しめない」

こういったお悩みで部分入れ歯治療をされる患者様は多いです。また、お使いになっている入れ歯がすぐ外れる、入れ歯が不安定でしっかり噛めないという方も今一度入れ歯を見直す必要があります。部分入れ歯治療は、残っている歯に金属のバネをかけることで入れ歯を安定させます。残っている歯が少ない部分にバネをかけると歯に大きな負担がかかり、さらに残っている歯の本数が減ってしまうこともあり得ますので、どこにバネをかけるのかが重要になってきます。

入れ歯装置は金属を使用するため、外部からの力によるゆがみや変形がなく、食べ物の味や温かさ・冷たさを感じながら食事を楽しめます。また、現在残っている歯を今後失ったとしても、 失った場所に人工の歯を入れて入れ歯に接着すれば、これまでと同じ感覚での咀嚼が可能です。小さな歯であればあまり目立たないバネを使用することもできますが、大きい歯となるとどうしても見た目に影響してきます。現在は審美性に配慮した入れ歯もございますので、諦めずにまずはご相談下さればと思います。

入れ歯治療とブリッジの違い

ブリッジとは、失った歯の両隣の歯を削り出して欠損部にかぶせ、その場所に歯を疑似的に再現し、本来の機能を持たせる治療法です。入れ歯のように取り外ししない固定式の治療のため違和感なく過ごせる反面、健康だった両隣の歯を削るなどの負担をかけることになります。また治療後のケアを怠ってしまうと、削った歯の虫歯や歯周病のリスクを高めてしまいます。

歯を失った時の選択肢としてインプラント治療もありますが、費用の問題や全身の健康状態の理由からインプラントができない方もいらっしゃいます。その場合、最も一般的な治療法としてブリッジを選択することも少なくありません。入れ歯は自身で取り外しがきくため、入れ歯も残りの歯も綺麗な状態に保つことは可能です。口内炎や歯茎の腫れにより入れ歯が当たって痛い場合など、患者様の意思でいつでも取り外せるという点においては、日常生活で使用するにあたって大きな利点だと思います。

入れ歯の種類

入れ歯には様々な種類があり、それぞれにメリット・デメリットがございます。
患者様のご希望もお伺いしながら、その方のお口にとって最良な方法を採用していきたいと考えています。

クラスプ義歯

バネを残っている歯にかけて固定する、最も一般的な部分入れ歯の方法です。バネが見えてしまうことがありますが、比較的単純な構造で、丈夫で長持ちするというメリットがあります。


アタッチメント義歯(マグネット義歯)

入れ歯には磁石を埋め込み、残っている歯には金属を付けて連結させる方法です。バネを使わない分入れ歯と知られにくく、横揺れの力による残りの歯への負担を減らすことができます。ただ、アタッチメントの組み込みの際に残っている歯をかなり削らなければなりませんので、削る歯へのダメージは比較的大きく欠損のリスクがあります。


ノンメタルクラスプ義歯

ノンクラスプ義歯は金属を全く使用せず、歯肉の色をした特殊な樹脂で歯と歯茎にフィットさせます。見栄えは非常に良く自然なので、パーティーや人と会う事が多い方に最適です。装着時の違和感が少なく、歯を削ることもない患者様に優しい入れ歯と言えますが、噛む動作には長けておりませんので、あくまで審美性を追求する場合にお勧めする方法です。

  • お問い合わせ
  • ご予約・お問い合わせはこちらまで!
  • 045-563-4418

    【診療時間】9:30〜18:30(土曜日〜14:30) 【休診日】 木・日・祝祭日

  • WEB予約

神奈川県横浜市港北区日吉本町1丁目19-16
石川ビル1F  日吉駅西口中央通り徒歩1分

診療時間

水曜日は〜18:00までの診療
土曜日は9:30〜14:30(昼休みなし)
休診日 木・日・祝祭日